核兵器の廃絶を目指した米オバマ大統領のレガシー(遺産)づくりや、北朝鮮の核実験など、核を巡る議論があらためて注目を浴びている。それでも、人類はすでに70年以上、核戦争による破壊から免れてきた。核戦争が現実視された米ソ冷戦の最中、さらに核拡散の可能性があった冷戦終結時、二大核保有国の指導者や軍人、科学者は、何をどう認識し、考え、行動し、破壊を回避しようとしたかの克明なドキュメンタリーが本書だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。