それぞれに特色を持っていた衆院東京10区と福岡6区の補欠選挙が終わった。結果は自民党幹事長、二階俊博が描いたシナリオ通りの「負けない候補者選び」が奏功し、自民が“完勝”した。東京10区は東京都知事に転出した小池百合子が当選を重ねた選挙区。小池の支援なくして当選はおぼつかない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。