マンションのベランダで植木に水をやりながら芝野は、胸の内のざわつきをもてあましていた。ベトナムでの原発プラント交渉締結の喜びも束の間、東北地方で起きた大地震と津波によって発生した原発事故で、プラント建設は再び暗礁に乗り上げてしまった。ベトナム政府は、事故の詳細と原因、そして収束の目処を一刻も早く報告するようにとうるさく言うが、ハノイにいてはまともな情報収集もできない。仕方なく一時帰国したものの、東京の混乱は尋常ではなかった。頼りにしていた湯河とは会うことすら叶わず、一昨日自宅のある東大阪に戻ってきた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。