一戸建て、マンションを問わず、今や新築住宅の標準設備となっている床暖房。エアコンなど温風が出る暖房設備と違い、ジワジワと部屋が暖まり、それが長続きする快適さは、誰もが認めるところだ。だが、その開発過程には、埃にまみれながら暗い床下に潜り続けた東京ガスの新商品開発チームの、人知れぬ苦労があった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。