少子高齢化や核家族化、女性の社会進出と環境が変化しています。コンビニの役割も緊急時の購買から変化し、とりわけ地方では子供から高齢者まで、地域で暮らす人々の生活を背負うようになってきました。立地によって店の在り方は変わってきています。本部で店の形を決め、全国同じ店にすることは、ニーズに合わない時代です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。