「スパイ」という言葉にワクワクした思い出を持つ読者は、多いだろう。パラシュートを着けた気になって塀の上から飛び降りたり、暗号を使ったメモを仲間と交換したり。映画やテレビで活躍するスパイと実物は違っている。本書には、自動的に消滅するテープも特殊装備の自動車も登場しない。小型カメラは出てくるが、手ぶれや露光不足で使い物にならないこともある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。