5月23日、パナソニック94年の歴史でも転換点となり得る戦略が投資家向け説明会でサラッと発表された。2012年度の計画において、家電事業に占める販売比率(金額ベース)で、冷蔵庫など白物家電が、テレビや録画機などのAV機器を逆転するというものである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。