2008年にCEOへ就任し、8年間ネスレのトップに立ち続けてきたポール・ブルケ。彼の在任期間、ネスレは「栄養・健康・ウェルネス」企業への転換を推し進め、新時代の食品王者の片りんを見せつけた。ブルケは何を考えながら帝国のかじ取りをしてきたのか。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。