毎年夏の終わりにさしかかると、米法務協会(PLI)が米連邦最高裁判所を主題にした勉強会をマンハッタンで開く。最高裁の活動年度は10月からの1年間なのだが、夏休み中は審議を休止するのが常なので、判決動向を分析するのにちょうどよい季節となる。今夏の同勉強会で焦点となったのは、今年2月に亡くなった、アントニン・スカリア最高裁判事の後任人事だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。