京田辺市のキャンパスには、理系の学部が二つと文理融合の学部が三つ、そして、外国語学部といえるグローバル系の学部があります。ほとんどが新しい学部のため、教員も外部から来た方が多く、いかにこのキャンパスで“同志社人”を育て、教育・研究していくかが今後の課題です。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。