かつて、「新書を5冊書けば悠々食える」という時代があった。30年ほど前までは、新書を出せたのは大家だけで、書店の棚には清水幾太郎氏の『論文の書き方』や、岡崎久彦氏の『戦略的思考とは何か』などのロングセラーが並んでいた。今日では、毎月、膨大な点数が世に送り出され、片っ端から忘れ去られていく。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。