2011年10月から全都道府県で暴力団排除条例が施行されたが、条例の文案はおおよそ警察庁がつくり、都道府県議会では実質的な審議がないまま議決された。法案は具体的な事例を通した検討が不十分で、どの地域の条例も粗雑である。そのため早くも暴排条例に絡み、暴力団から訴訟が準備されている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。