銀行の常務になった──。数十年前の就職活動を思い返せば、優秀な学生がこぞって銀行の門をたたき、銀行へ就職すると言えば誰もが祝福してくれた。そうして集まった並み居る同期の中で、ここまでたどり着ける人数のなんと少ないことか。しかし、その常務は優越感に浸るいとまもなく、現実の世界に引き戻された。就職時には思いも寄らなかった危機的状況に銀行が陥っていたからだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。