過去3年分の決算書。銀行が融資審査でよく取り寄せる資料だ。この企業にお金を貸しても大丈夫か、粉飾決算がないかなどと入念に調べる。ところが、なんという皮肉だろう。実は審査側である銀行の過去3年分の決算書こそ、突っ込みどころ満載の“お化粧”が施されているのだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。