今、原油をはじめとした資源価格は「低位安定期」にある。だが、数年内には新興国の経済発展による需要増加で需給は均衡へ向かい、価格は上昇するとみられている。株でも不動産でも、安いときに動く逆張りは買いの王道。資源輸入国である日本は、資源価格が安い今こそ、王道を意識した調達戦略で突き進むべきだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。