AIの実用化において、自動運転は最も市販化が早く、そして期待値が高い技術だ。それだけに、ボタン一つでどこにでも行けるかのような幻想を抱いている人も少なくない。だが、実際は、とても自動運転を名乗れるものではない。期待と現実を混同し、誤解する人々が絶えない構図は、まさに玉石混交のAI社会の縮図といえるだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。