「オハヨウゴザイマス」。目覚めの一言を掛けてくるのは長年付き合った彼女──ではなく、ロボットだ。2025年、ロボットは一家に一台の時代となった。天気予報から好みの服のコーディネートまで、全てロボットがやってくれる。おかげで、朝が忙しいというのはもはや過去のことになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。