証券業界でにわかに存在感を増しているのが、銀行出身の剛腕、SMBC日興証券の清水喜彦社長(60歳。写真)だ。親会社である三井住友銀行の元副頭取で、法人部門を長く率い、営業の“鬼軍曹”として恐れられた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。