死ぬと人はどうなるのか。平安時代の僧、源信は『往生要集』で死後の世界を地獄・極楽として描いた。それまでになく詳細かつ具体的であり、「紙芝居で見ていたものを高解像度のSFXで見せられたようなもの」(愛知教育大学教授の鷹巣純)で、日本人の死生観に大きなインパクトを与えた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。