5年という歳月は、果てしなく長く感じられたことだろう。ヤクルトの由規が7月24日の中日戦(ナゴヤドーム)で5年ぶりの勝利を挙げた。六回途中を4安打2失点に抑え、右肩の手術から復帰2試合目で勝利投手になった。1軍戦での勝利は2011年9月3日の巨人戦(神宮球場)以来、実に1786日ぶりだという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。