日本経済の「神話」が崩れ去った時代──。後世の歴史家が「平成」という時世を振り返るとしたら、そう評するのではないだろうか。1989(平成元)年に始まった平成の世は、熱狂のバブル経済真っただ中だった。地価は上がり続けるという「土地神話」を誰もが信じていたが、バブルの崩壊は、それが思い込みであるという現実を人々に突き付けた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。