「このままの計画で、本当に改革が進むと考えているのか」鈴木敏文氏がセブン&アイ・ホールディングス(HD)の会長を退いた翌日の5月27日以降、東京・四谷のセブン&アイ本社の役員室では、こんな言葉が飛び交うようになった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。