書店に向かう。自宅から歩いて通える場所にある、それほど大きくはない書店だ。事前に目当ての本がないときには、店内を歩いて回る。そんなときは大型書店より、小さな書店の方がいい。新刊コーナーや話題の本を集めた陳列棚に目をやり、気になったものを手に取ることが多い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。