参議院選挙における大きな争点は、アベノミクスの評価だ。安倍晋三内閣発足後の日本経済の経済指標を概観することは、この問題を考える際の重要な資料となるだろう。経済指標を見ると、成長率の高低で次の二つのグループに分けられる。第1は、2013年初めから16年初めまでの3年間の成長率が、▲3.9%から+1.6%のグループだ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。