女性の活躍推進や同一労働同一賃金の実現は、現政権が政策目標として大きく掲げており、今回の参議院選挙においても争点の一つとなっている。これらの政策目標の実現を目指して掲げられている政策手段は、保育所の整備、同一労働同一賃金の実現に向けたガイドラインの策定、最低賃金の引き上げなどで、財源の問題や副作用を無視すれば、有権者受けする政策だといえる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。