乗ったり、撮ったりする以外にも鉄道趣味にはさまざまなジャンルがある。その中で、最近、愛好者が増えてきているのが『音鉄』であり、そのものずばりの本が出た。「音鉄」とは、文字通り、鉄道にまつわる音を対象とする趣味であるが、車両の走行音、車内放送、駅の発車メロディー、踏切の警報など想像以上に幅が広いことに驚く。録音機材も近年軽量かつコンパクトになってきたので、素人でも挑戦しやすい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。