「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、ヨイヨイヨイヨイ、踊るあほうに見るあほう、同じあほうなら踊らな損々……」。阿波おどりは日本三大盆踊りの一つで、約400年の歴史がある。夏になると徳島県内各地の市町村で開催され、中でも「徳島市阿波おどり」は毎年130万人超の人出がある。県内の小中学校や高校には、体育の授業などで「阿波おどり」を採用しているところも多い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。