「違法性はないが不適切」──。このフレーズが何度登場しただろうか。6日に行われた東京都知事、舛添要一の政治資金の「公私混同問題」をめぐる記者会見。舛添に調査を依頼された2人の弁護士の指摘はこの言い回しの繰り返しだった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。