今春、ある大手メーカーが外貨建て債券を発行し、M&Aに要したつなぎ融資の借り換えに充てるとともに、為替リスクも軽減するというニュースが流れました。一見するとハテナだらけのスキーム。しかし、財務部の有能さで名前が知られているこの企業が、下手を打つわけはないはずと思い直しました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。