慶應義塾で育った人たちは「半学半教」といって、自分が一日早く学んだものは仲間に教える。教授だって兄貴にすぎない。私は学生を尊敬しているし、関係は対等だ。だから入ゼミ試験の面接はゼミ生に任せた。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。