インドネシアにおいて砂糖税の導入が検討されている。これは、砂糖を多く含んだ炭酸飲料などの清涼飲料水に税を課すもので、欧米諸国でもその是非が取り沙汰されている。インドネシアの1人当たり砂糖消費量は日本などと比べてそれほど高い水準ではないが、その増加率は年間5.7%と、アジア太平洋地域の平均5.2%、グローバル平均2.2%と比べると高い。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。