「僕だってあと1年やるか2年やるかは分からない。僕ももう82歳だよ」今からちょうど1年前の昨年5月のこと。セブン&アイ・ホールディングス会長の鈴木敏文は、本誌のインタビューに対し、このように答えていた。半ば冗談でも言うように、独得のはにかんだ表情を浮かべながら。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。