4月1日より、電力小売りの全面自由化がスタートしたことで一般家庭でも異業種からの参入組も含めて電力会社を選べるようになった。東京や大阪などの大都市圏では、顧客の争奪戦が激化する中、電力、ガス、石油までひっくるめたエネルギー業界で、競合他社が動向を注視する“名物男”が東京電力の中核会社にいる。ほぼ一貫して、エネルギー関連サービスの企画・開発に携わってきた中村剛だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。