大塚家具の経営騒動では、「親子げんか」の域を出ない報道もありましたが、『「理」と「情」の狭間』は、背景に企業統治やコンプライアンスをめぐる根深い対立があったことを明らかにします。そもそも一橋大学出身で富士銀行に勤めていた娘が入社したのは、その才覚を父自身が高く評価していたからでした。実際、娘は期待に応えて上場会社としての仕組みづくりをけん引します。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。