日本経済の長期停滞は、新興国の台頭やIT革命などがもたらす大きな変化に適応できなかったから、というのが通説だ。多くの経済専門家が訓練を受けるアングロサクソン流の新古典派経済学は、聖域なき規制緩和で市場の機能を活性化させ、資源配分の効率化を図ることが“正しい処方箋”だと教える。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。