紙を作るには、主に木材を原料とするパルプ(植物繊維)と、大量の水が必要になる。そのため、富士川の流れる静岡県富士市など、日本の製紙業は大量の水が確保できる所で発展してきた歴史がある。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。