19世紀の終わり頃、ニューヨークのファッションに新しい風を吹き込むブランドが誕生した。ジェイコブ・フリーマンとジェレミア・ヒッキーの2人が創業した「ヒッキー・フリーマン」。米国らしい自由なスタイルを持つそのコレクションは、ロンドンから入ってくる紳士服に飽き足りない思いを抱いていたニューヨーカーたちに、広く歓迎されたという。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。