日本最古の神社とされる大神(おおみわ)神社。下写真の鳥居の背後に見える三輪山をご神体としている。『古事記』『日本書紀』に最も早く祭祀(さいし)が整えられた神社の一つとして描かれており、記紀の国造り神話に登場する大物主大神(おおものぬしのおおかみ)が鎮まる。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。