政府は、伊勢志摩サミットを前に、経済対策を打ち出す方針だ。補正予算を編成して積極的な財政支出を行う方針であると伝えられる。待機児童対策、育児対策が中心で、企業内保育所に対する助成の拡大や、保育士の給料引き上げなどが検討されている。まず次の2点を指摘したい。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。