リスク許容度を決める大きな要素に、投資期間がある。期間が長ければ、一時的に損失が出て元本割れになっても、その後に取り返す時間がある。他方、短ければマイナスのままで終わってしまう可能性があるため、大きなリスクは取れないのである。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。