江戸幕府(1603~1867年)は、18世紀前半には2万人以上に上る1万石未満の直属武士から成る、“内部労働市場”を運営していた。17世紀末から18世紀初めにかけて、縁戚他藩から将軍となった徳川綱吉・家宣・吉宗が以前の藩士を幕臣として編入したため、幕臣の数は急増した。その一方で、彼らが就くことのできるポストは増えなかった。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。