3年に1度の参院選。投票日は7月10日が有力になっているが、早くも与野党の攻防が始まった。選挙の勝敗を分ける大きな要素に「土俵づくり」がある。与野党のどちらが選挙の争点、対立の構図をつくることができるか。相手を自分の土俵に引きずり込んだ方が勝利への道を切り開くことができる。約3カ月後に迫る参院選の公示に向けてまず先手を打ったのが首相の安倍晋三。大相撲に例えるなら横綱の方が仕掛けた図式だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。