欧州の難民危機は深刻化する一方だ。多くの難民はトルコからギリシャに入り、バルカン半島を通って西欧へ向かう。だが今年3月に、この「バルカンルート」が通るマケドニア、スロベニアなどが国境を封鎖した。このため約1万5000人の難民がギリシャ北部に足止めされ、野宿している。4月以降、気温が上昇しエーゲ海の波が穏やかになれば、再び西欧を目指す難民数が急増するだろう。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。