山内昌之著『中東複合危機から第三次世界大戦へ』は、中東情勢だけでなく現下の国際情勢の基本構造を理解するための基本書中の基本書だ。山内氏は、〈二〇一五年十一月のパリ大虐殺は、ISを媒介に中東複合危機と不可分に結びついている。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。