福島第一原子力発電所の事故から5年、廃炉・汚染水対策に取り組む中で、汚染水処理設備などからの水漏れ、死亡災害を起こしてしまい、誠に申し訳ないと思っています。一方で、汚染水対策や労働環境改善では、国や福島県の協力で、ようやく一定の成果が挙がってきました。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。