深井智朗著『パウル・ティリヒ』は、ナチスに抵抗してドイツから米国に亡命したプロテスタント神学者で、哲学者テオドール・アドルノの指導教授として現代思想にも無視できない影響を与えたパウル・ティリヒ(1886~1965年)の生涯と思想について、日本語で読むことができる最良の概説書だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。