現行のペーパーテスト主体の入試が、すごくうまくいっているという認識はない。難関大学に入ること自体が目的になり、自分のやりたいことよりも、偏差値で受験先を決める傾向が強いのは問題だ。京都大学でも、意欲が低く自己研さんしようとしない学生がだんだん増えている。どこかでかじを切らないといけない。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。