5月9日、東京・霞が関で小沢裁判の検察官役を務める指定弁護士3人が、無罪を言い渡した1審判決に異を唱えて控訴する方針を表明した。このことだけなら多少の意外感はあっても司法手続きの一環としてあり得る話だった。ところが……。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。