「軽快な学術的エッセー」という表現が日本語として成立するのかどうかはともかく、『エコノミストの昼ごはん』は経済学の視点でグルメを語る、奥深くも楽しい著作。「世界の思想家トップ100」にも選ばれた経済学者が世界75カ国を食べ歩き、そこから洞察を展開します。ミシュランの星付き店がフランスよりも多い日本。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。