3000年前はユダヤ人が治めていたイスラエル地域。歴史の流れの中でユダヤ人(ユダヤ教徒)たちはこの地を追われ、16世紀のオスマン帝国以降は、イスラム教徒の住む地になっていた。第1次世界大戦時、英国がユダヤ人とアラブ人の両方に、この地での独立国家樹立を餌に戦争への協力を持ち掛けた「三枚舌外交」が、現在まで続く対立の原因だ。

この
続きは

デジタルサービス<ウェブで読む>を利用する

ログインすると本サイトのすべての記事がお楽しみいただけます。
定期購読者の方で、デジタルサービスをお申し込みの方はログインしてください。

  • パソコン
  • タブレット
  • スマートフォン

ID・パスワードをお忘れの方

※著作権等の理由により、一部の記事・写真・図版が欠けている場合があります。